税務保険課

国保加入・脱退の手続き

国民健康保険について

国民健康保険(以下国保)は、病気やけがに備えて加入者がお金(保険税)を出し合い、医療にかかるときの費用の補助などにあてる公的な医療保険制度です。

国民は、必ず医療保険制度に加入していなければなりません。他の健康保険(例えば職場の健康保険組合や共済組合など)の加入者とその家族、生活保護を受けている世帯、後期高齢者医療制度加入者を除いて、すべての人が国保の加入者「被保険者」になります。

国保の加入・脱退の手続き

国民健康保険では届け出が必要です。
職場の医療保険では、手続きは職場が行ってくれますが、国保は加入、脱退を含めすべての手続きを本人が行わなければなりません。
届け出は、事実が発生した日から、必ず14日以内に行うこととなっています。

国保に加入するとき

こんなとき届け出が必要です 届け出に必要なもの
神山町へ転入してきたとき 転出証明書、印かん
他の健康保険等をやめたとき 他の健康保険をやめた証明書、印かん
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書、印かん
子供が生まれたとき 保険証、母子健康手帳、印かん
外国籍の人が加入するとき 在留カード(外国人登録証明書)

※他の健康保険をやめたときの証明書について

証明書(資格喪失証明書・離職証明書等)は国保へ加入する方全員分の「他の健康保険をやめた日がわかるもの」が必要になります。
他の健康保険をやめた日が国保加入日となるため、証明書等でやめた日が確認できないと、加入のお手続きができません。届け出に必要なものを確認してから、窓口にお越しください。

国保を脱退するとき

こんなとき届け出が必要です 届け出に必要なもの
転出するとき 保険証、印かん
他の健康保険に加入するとき 国保と他の健康保険の保険証、印かん
生活保護を受けることになったとき 保険証、保護開始決定通知書、印かん
死亡したとき 保険証、印かん
外国籍の人が脱退するとき 保険証、在留カード(外国人登録証明書)

その他

こんなとき届け出が必要です 届け出に必要なもの
退職者医療制度に該当したとき 年金証書、保険証、印かん
退職者医療制度に該当しなくなったとき 保険証、印かん
住所、世帯主、氏名などが変わったとき 保険証、印かん
保険証をなくしたり、よごれて使えなくなったとき 使えなくなった保険証、印かん、身分を証明するもの
修学のため、子供が他の市町村に居住するとき 保険証、在学証明書

平成28年1月から国保の届出にマイナンバーが必要となりました。

  • 世帯主、対象者の個人番号(マイナンバー)がわかるもの(マイナンバーカード、番号通知カードなど)
  • 届出人の身元確認ができるもの(運転免許証、マイナンバーカードなど)

 

税務保険課への連絡先
TEL:088-676-1115
IP:050-2024-2005
E-mail:zeimu@kamiyama.i-tokushima.jp

ピックアップ