神山町の支援制度

子育て・学校サポート

【子育てサポート】      
制度名 内容 担当課 詳細ページ
妊婦一般健康診査 妊婦健診公費負担回数14回
里帰り等で県外の医療機関で受診した場合も助成の対象
健康福祉課 詳細
不妊に悩む方への特定治療支援事業 男女問わず夫婦が特定不妊治療に要した費用のうち一部を助成。 健康福祉課 詳細
予防接種広域化 定期予防接種は、住所所在地外の「かかりつけ医」や「小児科専門医」での接種を希望した場合や接種機会を逃がした場合などに住所地市町村域外にある委託医療機関でも接種を受けられる。里帰り等で県外の医療機関で接種した場合も助成の対象。 健康福祉課 詳細
行政措置予防接種 住民の疾病予防を目的に予防接種法における定期接種以外のワクチン接種について費用の助成を行う。 健康福祉課 詳細
子どもはぐくみ医療費助成 0歳から18歳到達後の最初の3月31日までの子(婚姻している方や勤労者を除く)が、病気やけがで医療機関に受診したとき、保険診療の自己負担(一部負担金)や入院時食事代の自己負担額(標準負担額)を助成。所得制限なし 健康福祉課 詳細
病児・病後児保育事業 児童が病気中や病気の回復期にあって、かつ保護者が就労しているなどの理由で家庭で保育ができないときに、児童を一時的に預かる。 健康福祉課
保育所 下分保育所と広野保育所の2保育所が有り、0歳児から5歳児の小学校就学前の乳幼児保育を実施。
保育料は所得に応じた保育料を設定、国や近隣町村と比べても低く、第2子以降の保育料は無料。
健康福祉課
子育て支援補助金 4歳児又は5歳児の児童の保護者のうち、在宅による保育を行っている保護者、1対象児童当たり月額10,000円
小学校就学前の第3子以降の児童を在宅で保育している保護者、1対象児童当たり月額10,000円
健康福祉課
出産祝い金 第1子及び第2子について5万円。第3子以降は10万円を母親に支給。
新生児の母親が出産の日に本町に住民票を有し、その後6ヶ月以上居住する意思のあるもの等の条件あり
健康福祉課
放課後児童クラブ 保護者が就労しているなどで放課後の保育を受けることの出来ない小学校の児童を対象
すだちっこくらぶ(神領地区)と広野児童クラブ(広野地区)の2カ所で実施
健康福祉課
地域子育て支援拠点事業 子育て親子の交流の場の提供及び交流の促進、子育て等に関する相談及び援助、地域子育て関連情報の提供等 健康福祉課
ファミリーサポートセンター 近隣市町村による徳島ファミリーサポートセンターに本町も加入しており、広域的な利用が可能
会員登録を行い、育児の相互援助を有料で実施
健康福祉課
中学2年生対象ピロリ菌抗体検査 平成28年度より中学2年生を対象にピロリ菌の抗体の有無を調べる尿検査を実施し、感染が疑われた場合には医療機関において2次検査を行う。(検査については全額町費負担) 教育委員会
【学生サポート】
制度名 内容 担当課 詳細ページ
小中学校入学準備助成 町内の小中学校に入学を予定されている児童生徒の保護者の方を対象に一人あたり3万円を交付。 教育委員会
小中学校におけるプリント代等の無料化 学校における公費と私費の負担区分を見直し、ワークブック・実力テスト・プリントなどの教材教具や、調理実習材料・木工材料などを公費負担とする。 教育委員会
給食費 1食当たり小学校310円 中学校340円のうち、それぞれ30円分を助成 教育委員会 詳細
神山地域未来塾事業 中学生を対象に学習塾より講師を直接派遣して学習支援を実施。 教育委員会
奨学資金貸付金 高校生、高専(1年生から3年生)等は月額20,000円。大学院生、大学生、高専(4年生、5年生)、専門学生等は月額30,000円 教育委員会
奨学資金制度償還の特例 現在の神山町奨学資金制度に償還の特例を定めることにより償還を免除し、若者等のふるさと定住と人口増加を図り、神山町の活性化促進につなげる。対象者については条件あり。 教育委員会
準要保護児童生徒援助費 準要保護児童・生徒への学用品費等の支給など 教育委員会
特別支援教育就学奨励費 特別支援学級在籍の児童・生徒に対して学用品費等の支給など 教育委員会
日本スポーツ振興センター災害共済給付制度 学校の管理下において児童・生徒が災害にあった場合、その治療費や見舞金の給付を行う制度。児童生徒1人あたりの掛金920円を助成 教育委員会
高等学校等通学費助成事業 神山町に住所を有する者で、高等学校等へ通学する生徒に対して通学費の一部を助成し、過疎及び定住対策、保護者の負担軽減を図る。公共交通機関の定期券購入の2分の1を助成 教育委員会 詳細
体育・文化活動費補助金 クラブ活動に要する費用として、中学生を対象に一人あたり1,000円を補助。 教育委員会
文化スポーツ振興奨励金交付制度 国・自治体及び教育委員会が主催または後援する文化活動・スポーツ大会で、予選等を経た四国大会以上の大会への参加。交付額1万円(小中学生が全国体会へ出場の場合は2万円) 教育委員会 詳細

高齢者サポート

                                
制度名 内容 担当課 詳細ページ
敬老祝金 町内に居住する高齢者の方への長寿祝い金の贈呈
米寿祝金(88歳)20,000円 百寿祝金(100歳)50,000円
健康福祉課
高齢者住宅改造助成事業 高齢者のために行う住宅改造に、工事費の3分の2を助成
工事限度額 90万円
身体が虚弱な65歳以上の高齢者がいる所得税非課税世帯が対象
健康福祉課
高齢者等タクシー利用助成事業 70歳以上で公共交通機関の利用が困難な方等
運賃2000円以下は半額、3000円以下は1000円を差し引いた額、3001円以上は2000円を助成。助成券は1冊12枚綴り1000円で購入、年間4冊まで購入可能
健康福祉課 詳細
高齢者路線バス定期券購入助成事業 徳島バス(株)が65歳以上の方を対象に販売している「ながいき定期券」の購入にあたり、3割を助成。 健康福祉課 詳細
高齢者見守り支援事業 タブレット端末を利用し高齢者の見守り等を行う。1ヶ月300円の負担が必要。
【次の用件全てを満たす方が対象】
・町内在住の65歳以上ひとり暮らし世帯
・光回線情報通信網が使用できる世帯
・協力員2名必要
健康福祉課 詳細
地域介護予防活動支援事業介護予防の活動に実績のある団体等による自らの活動を含め、町民に介護予防の必要性を周知し、町民の自主的な活動に向けて支援を行うとともに身近な通いの場または生活支援サービス活動に対して助成を行う。健康福祉課(地域包括支援センター)
生活支援サービス等事業介護予防、日常生活支援総合事業で行う高齢者に対する生活支援サービスのうち訪問型サービス・通所型サービス・見守りサービス・移動支援サービス・いきがい活動を開始する団体に助成を行う。健康福祉課(地域包括支援センター)

障害者サポート

制度名 内容 担当課 詳細ページ
重度身体障害者住宅改造助成事業 重度身体障害者のために行う住宅改造に、工事費の3分の2を助成
工事限度額 90万円
身体障害者手帳の交付を受けた1級又は2級の視覚障害者又は肢体不自由者で、その者が属する世帯が所得税非課税世帯が対象
健康福祉課
重度心身障害者等医療費助成 身体障害者(障害等級1級及び2級)、重度知的障害者、重複障害者(身体障害等3級又は4級かつ療育手帳B1)が医療保険各法による医療の給付を受けた場合、医療費の一部を助成。ただし、所得制限有り 健康福祉課

住まいサポート

制度名 内容 担当課 詳細ページ
神山町若者定住支援住宅新築等補助金 神山町に定住しようとする若者を支援することを目的とし、町内出身者でUターンを希望している若者や、すでに町内に住んでいる若者がマイホームを取得する工事費等に対しての助成を行う。神山町に定住している者または、定住しようとする者(町内在住の者・単身者・Iターン・Uターン)・5年以上居住する意思がある者・申請時の年齢が満40歳以下(夫婦の場合どちらか一方で可)・申請年度内に完成のこと。 産業観光課 詳細
移住支援空き家改修事業補助金 空き家を改修して神山町に定住しようとする移住者等に対し、空き家改修及び修繕に要する費用の一部を補助することにより、神山町への定住を促進するとともに、空き家の有効活用を図る。
要件は、神山町空き家情報台帳に記載された空き家。H23年4月1日以降に転入する者で過去3年以上神山町の住人でない者。補助金の交付を受けた日から5年以上入居する意思のある者。生活するために必要な改修又は耐震補強工事に要する経費。町内に事業所を有する法人及び個人事業主が施工する経費
助成額は、助成対象経費の2/3、助成限度額100万円
産業観光課 詳細
浄化槽設置整備事業 浄化槽改修補助金を交付。5人槽は332,000円、7人槽は414,000円、10人槽は548,000円。 住民課
生ごみ処理機購入補助 生ごみ処理機購入に対し、電気式2分の1 上限40,000円、2基まで補助
コンポスト1基につき5,000円、2基まで補助
住民課
空き家等除却事業補助金 国県補助付除却工事費×5分の4(内、町は5分の1)上限800,000円の補助。
町単独事業、除却工事費×5分の2上限400,000円の補助
住民課
木造住宅耐震化促進事業 大地震における住宅倒壊等による被害の軽減のため、耐震診断及び耐震改修等実施にかかる経費の一部を助成。 建設課 詳細
小規模飲料水供給応急対策事業 受益戸数  1戸以上 50人未満
事業費    5万円以上 200万円以下
補助率   事業認定額の 2/3
建設課
災害見舞金 火災や水害などの災害に遭った場合、見舞金を支給
住宅:全焼、全壊、流失は100,000円。半焼、半壊は50,000円。床上浸水は30,000円。
  身体:死亡は100,000円
健康福祉課

農業サポート

制度名 内容 担当課 詳細ページ
神山町農作物鳥獣害防止対策事業費補助金 農作物鳥獣害防止対策事業に要する経費に対し、被害が発生している地域の農林家及び農林家で組織する団体に補助する。補助金の額は、補助対象経費の10分の5以内の額とし最高25万円・1戸以上・設置距離が30m以上・事業費3万円以上・資材の購入経費であり人件費を除く。 産業観光課
すだち苗木導入事業補助金 すだち苗木導入事業に要する経費に対し、補助金を交付する。対象は、すだちの新植・改植に伴う苗購入費。補助金は事業費の2分の1(町4分の1・JA4分の1)・対象面積1a以上・本数10本以上。 産業観光課
すだち貯蔵用冷蔵庫の導入補助金 町内でのすだち貯蔵用冷蔵庫の新規導入や設備更新に対し補助金交付。一施設の事業費が20万円以上。補助金の額は、補助対象事業費の10分の1以内の額(最高15万円)、上限は設備により異なる。 産業観光課

その他

     
制度名 内容 担当課 詳細ページ
神山温泉保養センター利用料金割引 ・ 大人(中学生以上)
午後5時以降200円割引き
・ 子供(小学生以下3歳以上)
午後5時以降 50円割引き
・ 町内高齢者(70歳以上) 300円割引
・ 身体障害者1.2.3級、知的障害者A1,A2及び精神障害者
1.2級(中学生以上)   400円割引
・ 身体障害者1.2.3級、知的障害者A1,A2及び精神障害者
1.2級(小学生以下3歳以上)  200円割引
健康福祉課
"国民健康保険 人間ドック及び脳ドックの一部助成" 対象者:国民健康保険加入者(29歳から69歳)
・人間ドック:30,000円若しくはドック費用の9割の金額のいずれか低い額を助成
・脳ドック:40,000円若しくはドック費用の9割の額のいずれか低い額を助成
・歯周疾患検診 4,000円の助成
税務保険課 詳細
一斉清掃助成事業 地域環境美化のため道路や河川、水路のごみ拾い、草刈りなどの清掃作業に1戸あたり500円を助成 住民課
葬祭費補助 契約の火葬場使用で、13歳以上32,500円
13歳未満17,500円 の補助
住民課
元気づくり事業 5人以上でまちづくり活動を行っている団体
1年目は事業費の3分の2、2年目以降は2分の1、5万円以上100万円未満を最大3年間助成
総務課 詳細
結婚祝い金 平成28年4月1日以降で、婚姻の届出を行い、婚姻日から1年以上神山に住居し、かつ住民登録をしている夫婦に対して、10万円を支給する。 住民課
自主防災組織運営交付金 神山町に登録している自主防災組織に運営交付金として年間10,000円を交付。 総務課 詳細
防災資機材等整備費補助金 神山町が定めた防災資機材を購入する自主防災組織へ補助対象経費5万円以上30万円未満のうち2分の1を補助。 総務課 詳細

ピックアップ