神山への移住

神山町はこんなところ

神山町は東京から、飛行機と車を乗り継いで約3時間。大阪からバスを乗り継いで3時間30分という場所にあります。1,000メートル級の山々に囲まれ、鮎喰川を中心に集落が点在。お遍路さんへのお接待文化が残るまちです。

平成16年、四国で初めて全戸に光ファイバーを整備し、町がガラリと変わりました。都会より快適にインターネットが利用でき、しかもIP電話とケーブルテレビが付随して低料金(税別2,500円)。
このようなネット環境と自然環境から、ワークライフバランスを考えるIT系のベンチャー企業がサテライトオフィスを開設したり、多種多様なクリエイター、これからの生き方を自分たちの手で作っていこうとしている人々が集まっています。

また地域づくり活動も盛んで、住民による手作りのイベントが各所で行われています。たとえば認定NPO法人グリーンバレーが取り組むアーティスト・イン・レジデンスは1999年から続いている活動で、海外のアーティストが作品を制作する傍ら学校での課外授業を行うなど、さまざまな交流が生じています。

暮らし・住まい・仕事

  • カフェ ブロンプトン デポ 店長

    カフェ ブロンプトン デポ 店長吉田大輔(よしだだいすけ)さん

  • 地域おこし協力隊 織田智佳(おだちか)さん

    地域おこし協力隊織田智佳(おだちか)さん

神山町移住交流支援センター

不動産屋がない神山町では、認定NPO法人グリーンバレーが役場と協働して空き家・空き地を紹介しています。

実際に暮らしてみながら、家を探したり仕事を試したりできる「すみはじめ住宅」の入居案内も、移住交流支援センターで行なっています。

住んでみたいけど、神山に来たことがないという方は、まずは旅行に来てみてください。おすすめの場所や人、イベントをご案内します。

移住交流支援センターへのお問い合わせは、「イン神山」から。
町の支援制度については、こちらから。

移住交流支援センターだより

町の広報誌「広報かみやま」に、移住交流支援センターからのお知らせや、移り住んできた人たちのインタビューを掲載しています。

平成29年度

空き家相談はじめました(平成30年3月号)

すみはじめ住宅「西分の家」のご紹介③(平成30年1月号)

すみはじめ住宅「西分の家」のご紹介②(平成29年11月号)

すみはじめ住宅「西分の家」のご紹介①(平成29年09月号)

すみはじめ住宅「西分の家」が完成しました!(平成29年07月号)

平成28年度の活動報告(平成29年05月号)

平成28年度

空き家の活用を一緒に考えてみませんか?(平成29年03月号)

郷土本を寄贈いただきました(平成29年01月号)

売買や賃貸を希望される空き家情報を募集してます(平成28年11月号)

専門業者の仲介が受けられます(平成28年09月号)

お試しハウスをご存知ですか?(平成28年07月号)

平成27年度の活動報告(平成28年05月号)

平成27年度

空き家提供のお願い(平成28年03月号)

10月・11月の活動報告(平成28年01月号)

8月・9月の活動報告(平成27年11月号)

4月~7月の活動報告(平成27年09月号)

平成26年度の活動報告(平成27年05月号)

平成26年度

リヒトリヒトカミヤマ(平成27年01月号)

移住支援センターだより(平成26年11月号)

移住支援センターだより(平成26年09月号)

神山塾6期(平成26年07月号)

平成27年度

自然派ピザyusan(平成26年03月号)

ブリッジデザイン・(有)井上広告事務所(平成26年01月号)

(株)ソノリテ(平成25年11月号)

Sansan(株)(平成25年09月号)

(株)プラットイーズ(平成25年07月号)

平成26年度

古民家がオフィスに!(平成25年01月号)

ピックアップ