神山への移住

神山町はこんなところ

神山町は東京から、飛行機と車を乗り継いで約3時間。大阪からバスを乗り継いで3時間30分という場所にあります。1,000メートル級の山々に囲まれ、鮎喰川を中心に集落が点在。お遍路さんへのお接待文化が残るまちです。

平成16年、四国で初めて全戸に光ファイバーを整備し、町がガラリと変わりました。都会より快適にインターネットが利用でき、しかもIP電話とケーブルテレビが付随して低料金(税別2,500円)。このようなネット環境と自然環境から、ワークライフバランスを考えるIT系のベンチャー企業がサテライトオフィスを開設したり、多種多様なクリエイター、これからの生き方を自分たちの手で作っていこうとしている人々が集まっています。

また地域づくり活動も盛んで、住民による手作りのイベントが各所で行われています。たとえばNPOグリーンバレーが取り組むアーティスト・イン・レジデンスは1999年から続いている活動で、海外のアーティストが作品を制作する傍ら学校での課外授業を行うなど、さまざまな交流が生じています。

暮らし・住まい・仕事

  • デジタルカーモデラー 寺田天志(てらだたかし)さん

    デジタルカーモデラー寺田天志(てらだたかし)さん

  • 地域おこし協力隊 織田智佳(おだちか)さん

    地域おこし協力隊織田智佳(おだちか)さん

移住支援の流れ

神山町移住交流支援センターの運営は町からの委託を受け、NPOグリーンバレーが行っています。過疎化・少子高齢化・経済の衰退などの地域課題の解決に繋がる可能性が高いと考えられる希望者(例えばお子様連れの若者夫婦、起業家、若年者など)への紹介を優先させて頂いています。
ご了解ください。

  1. 1

    神山町移住交流支援センターへお問い合わせください。

    a. 「イン神山」の「お問い合わせ」フォーム
    b. 電話・FAX 088-676-1177
    c. 訪問(事前に訪問時間等をご連絡ください。

  2. 2

    移住に関する注意書きと「センター利用登録申込書」をお渡しします。

    (メール・郵送・FAXなど)

  3. 3

    申込書に必要事項を記入し、神山町移住交流支援センターに提出してください。

    (メール・郵送・FAXなど)

  4. 4

    利用者登録を行います。登録後契約までは次のとおりです。

    a. 受付登録(登録を済ませても紹介に至らない場合があります。
    現在、希望者が多く空家が不足しています。)
    b. 物件案内※(優先度の高い登録者から順位物件をご案内します。)
    c. 所有者紹介※(希望に合致した場合は所有者を紹介します。)
    d. 交渉(借り主、貸し主との当事者同士で交渉を行います。希望により不動産業者の代理も可能)
    e. 契約(借り主、貸し主との当事者同士で契約を結びます。
    ※は提携不動産会社を通じて行います。

  5. 5

    住居の改修・引っ越しへ

    移住者支援空き家改修事業補助金が受けられる場合があります。
    助成対象経費の3分の2、上限100万円。詳しくはこちらへ。

ピックアップ