税務保険課

地籍調査

地籍調査とは

「国土調査法」に基づき実施するもので、ひとつひとつの土地について、所有者、地番及び地目の調査並びに境界及び地積に関する測量を行い、その結果を地図(地籍図)と簿冊(地籍簿)に作成することをいいます。

作成された地籍図と地籍簿は、認証を受けた後、法務局(登記所)に送付され、法務局備え付けの公図や登記簿が書き換えられることから、地籍調査は土地に関する戸籍調査と言えます。

地籍調査について詳しくは、地籍調査Webサイトをご覧ください。地籍調査Webサイトでは「地籍調査の流れ」や「全国の地籍調査の進捗状況」などが確認できます。

神山町の地籍調査事業の概要

神山町の地籍調査の状況

平成4年度に鬼籠野字川東から実施し、その後、鬼籠野字東分・中分・西分の一部・阿保坂の一部・神領字東青井夫・西青井夫・北上角・西上角・本上角の一部・中津の一部・大埜地の一部・東野間と続き、平成15年度の神領字本野間の現地調査を最後に休止しておりました。神山町の全体面積173.31平方キロメートルから国有林部分を除いた面積が神山町の全体調査面積167.11平方キロメートルとなります。その内8.43平方キロメートル(約5%)が完了しています。
平成23年度に神領字西野間の一部から地籍調査を再開し、今後も継続して実施する予定です。

神山町での調査手順

現地調査(作業)は、1調査区あたり2年で実施します。
  • 1年目は一筆地調査(境界立会い)、現地測量
  • 2年目は面積計算、地籍図・地籍簿作成、閲覧
  • 3年目以降に、事務手続き(県知事への認証申請や法務局への成果送付・登記など)

地籍調査へのご理解・ご協力をお願いします

地籍調査を進めるには、皆さんのご協力が必要です。今後とも、調査が順調に進みますよう、ご理解ご協力をお願いいたします。

 

税務保険課への連絡先
TEL:088-676-1115
IP:050-2024-2005
E-mail:zeimu@kamiyama.i-tokushima.jp

ピックアップ