総務課

まちを将来世代につなぐプロジェクト第2期

神山町創生戦略・人口ビジョン

 神山町の創生戦略「まちを将来世代につなぐプロジェクト」が、2015年の策定から5年が経過しました。
 2060年の推計人口を見据えつつ、足元の取り組みをより明らかにするために、2021年度から2025年度を本戦略の2期と設定し、住民や事業者、専門家、若い世代など大勢の方々と第2期の戦略を策定しました。
 この地域の将来世代が基本的な生活基盤においても、子どもたちの教育環境においても、環境保全の観点からも「神山らしさ」を享受しながら暮らし続けるために、2060年時点で3,000人を下回らない人口を維持し、かつ小中学校の各学級人数が20名以上を保つ均衡状態に入る人口推計を目標としています。

 人が移り住んでくる、還ってくる、あるいは留まることを選択することができる可能性の感じられるまちの状況は、次の7つの要素を総合的に掛け合わせて生まれてくるものと考えています。

可能性が感じられるまちの構成要素
・人がいる
・いい住居がある
・よい学校と教育がある
・多様な働き方と仕事がある
・富や資源が流出していない
・安心な暮らしがある
・関係が豊かで開かれている

 第2期ではこれまで大事にされた、この基本の考え方を大きく変えず、取り組みを続けていきます。これまで先人たちによってつながれてきたまちの可能性をさらに広げ、次の世代にバトンを渡していきたいと考えています。

「まちを将来世代につなぐプロジェクト」第2期計画書

こちらよりダウンロードしてください。

神山町まちを将来世代につなぐプロジェクトv2.0.pdf

総務課への連絡先
TEL:088-676-1111
IP:050-2024-2001
E-mail:soumu@kamiyama.i-tokushima.jp

ピックアップ