健康福祉課

母子健康手帳の交付

妊娠から出産まで(母子保健事業のご案内)

母子健康手帳の交付

医師または助産師により、妊娠が確認されましたら、住民課で速やかに妊娠の届出を行い、母子健康手帳の交付を受けてください。
母子健康手帳は、妊娠の経過、出産状況、お子さまの発育・発達や予防接種等を記録するものです。交付後には、必ず一通り目を通し、大切に保管してください。
 

妊婦一般健康診査(医療機関委託)

妊娠すると出産までに14回程度妊婦健診を受けることになります。
14回の健診を妊婦一般健康診査受診票を交付することで町が補助(一定の額)します。妊婦一般健康診査受診票は妊娠前期・中期、後期の2回に分けて交付しますので、妊娠届時にお渡しする「妊婦一般健康診査受診票を使用した場合の健診時期と内容」をよくお読みになりご利用ください。異常がなくても、次の間隔で定期的に産婦人科で健康診査を受けましょう。

妊娠23週まで:4週間に1回
妊娠24~35週まで:2週間に1回
妊娠36週以降:1週間に1回

ただし、異常等のある場合にはこの限りではありません。かかりつけの医師の指示に従ってください。
※県外で受診された場合、申請することで健診料金の払い戻しが可能です。(受診後6ヶ月以内に申請してください。)

 

妊婦相談のご案内

健康福祉課では妊婦さんを対象に6月・10月・2月に妊婦相談を行っています。(対象者には個人通知しています)
妊婦さん同士が集まり、妊娠中の生活(食事・歯の健康等)や不安なことを話し合い、一緒に学習しています。乳児の離乳食講習と同時開催のため、赤ちゃんとふれあうこともできます。お気軽にご参加ください。
 

妊婦訪問のご案内

赤ちゃんの発育とともに、お母さんのからだもいろいろ変化してきます。気になることがある場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。 なお、健康福祉課には保健師や管理栄養士がいます。妊娠中の生活のことで不安なことやわからないことがあれば、電話相談や家庭訪問などをお受けしています。お気軽にご相談ください。

 

健康福祉課への連絡先
TEL:088-676-1114
IP:050-2024-2004
E-mail:kenkoufukushi@kamiyama.i-tokushima.jp

ピックアップ