健康福祉課

児童手当

『子ども手当』は、平成24年4月から『児童手当』に変わりました。

支給対象

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

支給額

児童の年齢 児童手当の額(1人当たり月額)
3歳未満 一律15,000円
3歳以上~小学校修了前(第1子・第2子) 10,000円
3歳以上~小学校修了前(第3子以降) 15,000円
中学生 一律 10,000円
※児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律 5,000円を支給します。
※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

支給要件

  • 請求者の住民票が神山町にあること。
  • 15歳到達後最初の3月31日までの間にある児童を養育していること。
  • 児童が日本国内に住んでいること。(留学のため海外に住んでいて一定の要件を満たす場合は支給対象になります。)

認定請求

お子さんが生まれたり、他の市町村から神山町へ転入し、新たに児童手当の支給を受ける場合は「認定請求書」を提出する必要があります。健康福祉課または広野支所で手続きを行ってください。

認定請求に必要なもの

  • 印鑑(朱肉を使用するもの)
  • 健康保険被保険者証等の写しまたは年金加入証明書
  • 請求者名義の口座番号
  • 請求者及び配偶者の個人番号(児童を別居監護している場合は児童の個人番号も必要です。)
    以上の書類のほかにも書類の提出が必要となることがあります。

現況届

6月分以降の児童手当等を受けるには現況届が必要です。(毎年6月に提出)
現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するためのものです。

その他届け出等が必要な場合

  • 新たにお子さんが生まれたとき
  • 他の市町村から転入してきたとき
  • 他の市町村に転出するとき
  • 児童を養育しなくなったとき
  • 受給者が公務員になったとき、公務員でなくなったとき
  • 児童手当の振込先を変更するとき
  • 氏名や住所に変更があったとき

支給日(振込日)

 (2月・3月・4月・5月)分   →    6月15日
 (6月・7月・8月・9月)分   →  10月15日
 (10月・11月・12月・1月)分  →    2月15日

※注 6月、10月、2月の各15日が金融機関の営業日でない場合(土曜、日曜、祝日等の場合)は、その直前の金融機関の営業日(平日)が支給日となります。

児童手当の寄付

児童手当法に基づき、受給者が児童手当の全部または一部の支給を受けずに、これを神山町に寄付し、地域の児童の健やかな成長を支援するために役立ててほしいという方には、簡便に寄付を行う手続きがあります。ご関心のある方は健康福祉課にお問い合わせください。

児童手当のリーフレット

下記よりPDFをダウンロードできます。

 

健康福祉課への連絡先
TEL:088-676-1114
IP:050-2024-2004
E-mail:kenkoufukushi@kamiyama.i-tokushima.jp

ピックアップ