総務課

令和4年 5月27日

新型コロナウイルス感染症対応神山温泉施設改修について

神山町では、新型コロナウイルス感染症への対応として、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用し、制度要綱に定める交付対象事業の要件「新型コロナウイルスの感染拡大の防止及び感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活の支援を通じた地方創生に資する事業」に該当する以下の事業を実施します。

事業名

 新型コロナウイルス感染症対応神山温泉施設改修工事

総事業費

 65,000千円

事業概要

①目的
 神山町の観光拠点施設である神山温泉をコロナ終息後の観光強化のために必要な改修を行う。また、SDGsへの環境配慮、原油高騰の影響を緩和するために高効率な熱源への改修を行う。

②交付金を充当する経費・算定根拠
 ・厨房スポットエアコン3台 2,585千円
 ・ガス式乾燥機1台 1,078千円
 ・給湯空調熱源改修 61,337千円

③交付対象
 1)交付対象者
 株式会社神山温泉
 2)交付対象者の選定理由・選定方法
 神山温泉は、町民の憩いの場と町外からの観光拠点として、交流や経済流通の要所となる町有の施設である。町内外にとって欠かせない施設であるため事業を行う。
④期待される効果
 高効率な熱源への改修を行うことにより、年間160万円程度の経費節約と同時に環境への負荷も軽減される。また、コロナ後の経営安定から、町民の憩いの場としての機能が継続的に確保される。

新型コロナウイルス感染症への対応(経済対策)との関係

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う、利用者の大幅な減少(▲18%)により、経営が悪化(▲21%)している。コロナ後においても神山町の観光拠点として、継続を支援する本事業は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けている地域経済の支援を通じた地方創生に資する事業に該当するものであり、地方創生臨時交付金を活用することが妥当である。

総務課への連絡先
TEL:088-676-1111
IP:050-2024-2001
E-mail:soumu@kamiyama.i-tokushima.jp

ピックアップ