城西高校 神山校 入学を検討されている方へ

城西高校 神山校 入学を検討されている方へ

世界につながった、山のまちで過ごす3年間世界につながった、山のまちで過ごす3年間 城西高校神山校の寮 あゆハウス城西高校神山校の寮 あゆハウス

2019年度から、
城⻄高校神山校
新しいコースを開設しました。

文部科学省事業「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」に採択されています。【2019年度~2021年度】 文部科学省事業「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」に採択されています。【2019年度~2021年度】

神山町には、全校生徒約90名の小さな農業高校があります。約70年前、開校された当時は農家の娘・息子たちが通う「まちの学校」でした。時代の移り変わりとともに、定時制から全日制へ、農林科から造園土木科・農村家庭課程から生活科へと変わり、今では町外からも多くの高校生が通って来ています。

城⻄高校神山校は2019年度より、農林業を基盤とするこの土地に学び、未来を拓く人づくりの拠点として、「地域創生類 環境デザインコース/食農プロデュースコース」へと生まれ変わりました。

これからの食・農・環境をめぐる
感性と技能を育む

これからの食・農・環境をめぐる感性と技能を育む

農業高校である神山校は、時間割の約半分が農業科目です。
1年生のときに、様々な授業を受けたり先輩の取り組みを聞いたりして、その中で自分自身の興味関心を確かめて「環境デザインコース」か「食農プロデュースコース」か、2年生でより深く学ぶ内容を決めます。

実家が農家、という生徒は多くありません。
進路も、農業系の大学に進む人もいれば、調理、保育、製造、販売など、とても多様です。
どのような進路へ進むにしても、私たちは毎日何かを口にして生きています。自然からエネルギーを得て暮らしています。神山校で学んだ生徒たちには、モノ一つ購入するときにも、その裏にある社会システムに考えを巡らせることのできる、環境や食農の良き理解者であってほしいと願っています。

そして、田畑や森林といった、自分の意思でコントロールすることの難しい自然を相手にして学んだ経験は、状況を見極める力や臨機応変に行動できる対応力、物事を受け入れる力を育み、神山校を卒業したあとも、人との関わりや仕事など、多くの場面で活かせるはずです。

これからの食・農・環境をめぐる感性と技能を育むこれからの食・農・環境をめぐる感性と技能を育む

可能性を広げる、これからの地域留学

可能性を広げる、これからの地域留学

神山町は、県外からの入学生を受け入れる環境を整えています。神山校の寮「あゆハウス」では、「ハウスマスター」と呼ばれる大人が、高校生が自立した生活を送れるよう自主性を尊重して関わります。高校生活3年間を通して、自ら考え行動し、高校生本人のできることが増えていくよう伴走しています。

このまちには、古くから続く林業や農業を営む人、あるいはITを使った新しいビジネスを営む人など、様々な人々が暮らしています。また、大学生や大学院生、海外からのアーティストなど、日々多くの人が、それぞれの目的を持って訪れます。高校生たちは、放課後や休日にもそういった多様な生き方・暮らし方に直に触れることで自身の可能性を広げていくことができます。

神山校の行事や授業の様子はこちらから
(イン神山日記帳)▼

イン神山日記帳

お問い合わせ

徳島県立城西高等学校神山校

〒771-3311徳島県名西郡神山町神領北399
TEL:088-676-0029   
FAX:088-676-1271

ピックアップ