総務課

元気づくり事業

事業概要

「町民が元気なまち」をつくるには、住民のみなさんによる地域の力が必要不可欠です。
神山町では、地域のためにみなさん自らが考え、活動される事業に対し、町が助成金を出して、みなさんの自主的・自発的な地域活動に対して財政的に支援をする「神山町元気づくり事業助成金」を創設しています。今年もみなさんの熱意とアイデアにあふれた提案をお待ちしています。
DSC_5194.JPG

対象となる団体

町内にまちづくり活動の拠点を置き、主に町内で活動をしている構成員が5人以上で、組織の運営に関する会則等があり、継続的に活動している、又は今後活動する計画がある団体を対象とします。

対象となる事業

次に掲げる事業のうち、下記の選考基準に該当するものを対象とします。
(1) 地域の福祉・健康づくりに関わる事業
(2) 学術・文化・芸術・スポーツの振興を図る事業
(3) 地域づくりの推進を図る事業
(4) 子どもの健全な育成を図る事業
(5) 観光・レクリエーションの振興を図る事業
(6) 景観づくりに関わる事業
(7) 地域資源の発掘や地域ブランドの創造につながる事業
(8) まちづくり活動に寄与すると認められる事業

選考基準

1. 町民ニーズに対応し、共感・支持を得られる事業で、地域の活性化につながる事業(公益性)
2. 事業計画・予算計画が適正で、確実に遂行できる事業(計画性) 
3. 事業に創意工夫がなされ、発想や着眼点に先見性のある事業(独創性)
4. 継続的に活動でき、将来自立できる事業(発展性)
5. 魅力ある地域づくりが展開され、地域を盛り上げる事業(熱意)

対象となる経費

助成対象となる事業の実施に直接必要な経費であれば、原則として対象となります。

※ただし、以下の経費は原則として対象となりません。

(1) 団体構成員の人件費、報酬、謝礼、旅費
(2) 商品券、記念品
(3) 飲食費 
(4) 交際費 
(5) 慶弔費
(6) 家賃

助成金の額及び交付期間

1団体1事業で、補助対象経費のうち、地域元気力創出事業助成金及び神山町元気づくり事業助成金の交付を受けた事業については、2分の1以内。その他の事業については、1年目は3分の2以内、2年目以降2分の1以内。
※1年あたり補助対象限度額は100万円を上限とし、5万円を下限とします。
交付期間は、3年間です。

応募方法

次の書類に必要な事項を記入のうえ、総務課へご提出ください。書類は、総務課、広野支所及び各公民館に準備しておりますので申し出てください。
(1) 助成金交付申請書
(2) 事業計画書
(3) 収支計画書
(4) 定款、規約、その他これに準ずる書類
(5) 構成員の名簿

選考審査

提案をいただいた事業は、選考委員会に提案内容のご説明をしていただき審査を行います。委員会は審査結果を町長に報告し、町長は予算の範囲内で助成予定事業を選考します。選考結果については、個別に内示を行いますが、正式な手続は新年度予算の執行開始後(新年度4月以降)となります。

実績報告

助成金の交付を受けた団体は、毎年度事業完了後、その実績をとりまとめて報告書を提出していただきます。その際には、得られた成果等についての自己評価も行っていただくことになりますから、あらかじめご了承ください。

その他の留意事項

(1) 応募書類等の一切の書類は返却いたしません。
(2) 応募書類等の一切の書類は原則として公開の対象となります。また、選考結果及び実績については、広報紙等を通じて公表しますので、あらかじめご了承ください。

ご不明な点などがございましたら、総務課までご連絡ください。

総務課への連絡先
TEL:088-676-1111
IP:050-2024-2001
E-mail:soumu@kamiyama.i-tokushima.jp

ピックアップ