総務課

地域おこし協力隊

すだちの生産量が日本一の神山
深い山々に抱かれ、清流 鮎喰川が流れる神山
アートやサテライトオフィスが元気な神山
町で生まれた人と移り住んできた人がともに町づくりを進める神山

でも私たちが日々感じている神山の魅力は、それだけではありません。この町で暮らす人たちはスゴイのです。

例えば…
・食べるものをなんでも作ってしまう。しかもおいしい
・お隣さんやお遍路さんのことも、家族のように気にかけている
・おじいちゃん、おばあちゃんから元気をもらえる
・山や川のことを知りつくしている

「もっと地域の皆さんから学びたい!」「町や町の人たちの魅力を伝えたい!」そして、「神山をもっともっと元気にしたい!」そんな想いを抱いて、私たちは「地域おこし協力隊」として今日も神山を走り回っています。

地域おこし協力隊って?

人口の減少や少子高齢化など、今、日本の「地域」はさまざまな問題を抱えています。「地域おこし協力隊」とは、都市から生活の拠点を移した者を、地方自治体が地域おこし協力隊として任命し、隊員は1~3年の期間、地域に暮らしながら地場産品の開発やPR、農業への従事、住民の生活支援などの協力活動を行い、その地域への定住・定着を図るという取り組みです。平成21年に制度が始まり、現在では、全国に約5千名の隊員が地域を元気にする活動に取り組んでいます。

移住・交流推進機構「地域おこし協力隊」のページ
https://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/about/index.html
 

メンバー紹介

川野 歩美(もじゃ) 千葉県出身  平成28年4月着任

もじゃ.jpg東京で貿易物流会社勤務の後、バングラデシュの田舎町で地域コミュニティ活性化に携わり、神山へ。美味しくて楽しい神山の良いところを、たくさんの人とシェアしていきたいです!

神野 昌子(まーやん)   大阪府出身  平成28年8月着任

まーやん.jpg大阪で普通に会社勤めをし、いつか都会を離れて田舎暮らしをしようと思っていたところ縁あって神山へ。神山の自然豊かな環境や魅力、そして昔から変わらぬ神山の文化を次世代に繋げる活動を目指しています。

織田 智佳(チキータ) 徳島市出身  平成27年7月着任

ちきーた.jpg幼児教材の企画編集やボリビアでの青年海外協力隊の活動などを経て、神山へ。里山の暮らしを親子で楽しみながら、その楽しさ、豊かさ、クリエイティブさを広げたい、伝えたい!と思っている。

※神山町に地域おこし協力隊の制度が導入されて7年。これまでに6名の隊員が活動を終了し、NPO法人里山みらいなどで活動しています。

里山の暮らしを継ぐ活動

平成30年度の神山町地域おこし協力隊は、次の3つの「里山の暮らしを継ぐ活動」を行いながら、神山をもっと元気にしていきます。

①  里山の文化を受け継ぐ講座・イベントの開催

私たちは神山で暮らしながら日々、自然の豊かさや、この地に受け継がれてきた生活の知恵や技と、それを支える人々のつながりの温かさを実感しています。私たちも里山の文化の担い手の一員となり、その輪を広げていくために、町の方々に学びながら作業を行う講座やイベント(部活動)を実施します。

協力隊部活動.jpg

【うめ部】募集 梅教室in東京

かつて青梅が「青いダイヤ」と呼ばれるほど、一大産業であった梅。神山で漬けられている、着色料や保存料を使わないスッパイ梅干し(※神山ルビィ)は神山の宝です。梅をつかった保存食(梅シロップや梅干し)を作る講座を東京で開催し、梅の魅力を伝え、都市(東京)と田舎(神山)をつなぎます。
※これまでの地域おこし協力隊たちが「神山ルビィ」と名づけ、PR活動を行ってきました。

【すだち部】募集

神山のすだちは、生産量日本一。秋には当たり前のように食卓に並び、絞ってよし、すってよしのすだちの魅力を伝えるべく、東京で神山すだちを使った講座を開催します。もう「カボス?」とは言わせません!

【お茶・薬草部】募集 第1回 第2回

薬効が強く生命力がある薬草は、神山でも昔からお茶にしたり、病気の時に煎じて飲んだり、傷薬としても広く利用されてきました。町の潜在的魅力ともいえる野草を通し、神山の自然や古くからある知恵を学び広げます。

【郷土料理部】

昔から変わらぬおふくろの味、神山の味。地域のお母さんたちから、この地に伝わる郷土料理を受け継ぎます。お祭りの時にふるまわれた、ちょっと贅沢なごちそうから、毎日の家族の健康の為に作られた家庭料理まで、教わって行きます。

【暮らしの技部】大豆編

自分たちの生活に使うものを自分で作るという、魔法のような手をもった神山のお父さん、お母さんたち。町の先輩たちから、お味噌や干し柿などの保存食作りを中心に、暮らしの技を学びます。

【里山あそび部】川編

豊かな山がそびえ、川が流れる神山。でも、どこでどう遊んだらよいのか分からない!?という声も。昔、子どもたちが走り回っていた山や川で、大人も子どもも、町の人も外の人も一緒になって遊びませんか!?

すべての講座(部活動)は親子で参加いただけます。部員の募集については、このページで追ってお知らせしていきます。(各講座に定員があります)

②地域の行事への参加と協力

神山には、各地域に受け継がれているお祭りがたくさんあります。地域の皆さんとともに、地域おこし協力隊もイベントを盛り上げます。(明王寺桜まつり・江田菜の花祭り・小野さくら野舞台・あめご祭り・空海の道ウォーク・下分七夕祭り・大久保自然体験教室・大久保いちょう祭り・阿川梅祭り等)

③神山の魅力を伝える活動

移住者だからこそ感じる、地域の魅力はたくさん。私たちは活動をとおして、自分たちが発見した神山の魅力を町の外に発信するとともに、町の皆さんが神山の豊かさに改めて気づくきっかけを作りたいと思っています。地域おこし協力隊の活動については、このページや【広報かみやま】、【ふるさとTV内「神山タイムズ」(テレビトクシマ放映)】などで報告していきます。

総務課への連絡先
TEL:088-676-1111
IP:050-2024-2001
E-mail:soumu@kamiyama.i-tokushima.jp

ピックアップ